英語

リスニングで手放したいこと

その1.日本語に落とし込もうとする癖

言語見知り、というか、慣れ親しんだ日本語から離れられない自分がいます。当たり前なのですが、英語は日本語とは違う言語です。音と音がくっついて発音されたり、舌の動かし方や息の出し方で細かく音を使い分けたり、日本語にはない要素が多々あります。

けれど、無意識のうちに日本語にすがってしまい、カタカナに落とし込む癖があるということに気づきました。慣れ親しんだ日本語で考えた方が気持ち的には楽ですが、やはり別物なので限界があります。

 

その2.完璧に聞き取りたがる癖

一字一句クリアーに聞き取りたい、聞き取れなければダメだと思う節があり、aやinなどの冠詞や前置詞に至るまでちゃんと聞き取らなければいけないと思い込んでいました。

でも、おそらく本当に完璧に聞き取れる必要はなく、話の主旨が理解できれば良いのではないかと気づきました。細かいところは聞き取れなくても、脳内で補完すれば良いだけのことなのですよね。

 

とにかく慣れる

上記のことは、今までも頭では分かっていたつもりだったのですが、自分のなかで腑に落ちるにはずいぶん時間がかかりました。

教材のシャドーイングをしたり英会話レッスンをしたりと色々試しましたが、現在のところ、ネットフリックスで英語字幕を読みながら音声を聴く、というのが1番無理なく続けられそうな勉強法です。

上の2つのことを意識するようになったら、比較的速いスピードにもついていけるようになりました。完璧を求めすぎず、今できなくてもそのうちできるようになるわ~くらいの気持ちで気長にやっていこうと思います。

-英語

Copyright© シロツメクサの灯りをたどって , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.