勉強仲間のありがたみ

翻訳

先日、翻訳のお友達と一緒に勉強会を開きました。

同じ課題にそれぞれ取り組んで、訳文を見比べて思ったことを言い合う会です。先生がいるわけではないので、模範解答が得られるわけではありませんが、自分では気づけなかった側面がみえてきてとても勉強になります。

今回選択した文章の内容は医療機器。実際に見たことも使ったこともない医療機器の使い方を説明する文章で、もし一人でやろうとしていたら、100%途中でやめていたと思います。

こういうときに頑張れるのは、他人のおかげだなあと思います。基本的に翻訳は好きなので、一人でも孤独でも誰かに否定的なことを言われても、へらへら~と楽しく取り組めるのですが、苦手分野はやはり存在していて、そういう時は投げ出してしまいたくなります(;^ω^)。

人付き合いが得意な方ではないので、一層数少ない仲間を大切にしたいと思った日でした。ランチを食べながらお喋りする時間も楽しいですしね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました