合氣道昇段審査に向けて

合氣道
14/08/11 12:46:17

合氣道を習い始めてから5年が経ちました。

ここ1,2年は仕事が忙しくてなかなか稽古に行けていない日々が続いていましたが、ようやく時間が取れそうなのと、きっかけがあったので、昇段審査を受ける方向に動き出すことになりました。

現在、1級を保持しています。1級を取ったのは1年以上前になるので、足踏み状態がずいぶん続いていたことになります・・。

5級~1級までは仕事も落ちついていて毎日のように稽古できたので、勢いにのってとんとんとんっと上って行った感じでした。

合氣道をやって良かったなあと思うことはたくさんあります。

・怖い場面や不安な場面で落ちつくことができるようになったこと

・体を動かすのが大好きになったこと

・電車の中でつり革につかまらなくても立っていられるようになったこと

・道場には老若男女さまざまな人がいるので、色々な人と話ができること

私は、まだ白帯なので、分からないことも体感できていないこともたくさんあります。

これから黒帯を取るためには、乗り越えなければならないことがたくさんあります。一般的な意味でもそうですが、私の抱える個人的な問題という意味合いも多分に含んでいます。

何せ個人的な事柄なので、どのくらいの深さまでこのブログで記録しようか迷っています。

でも、記録することで私自身心の整理がついて舵が取りやすくなること。目標を見失わないようにできること。また、同じような心の悩みを抱えている人が少しでも楽になってくれたらいいな、という願いがあること。

そんな諸々の理由で、これからの七転八倒・・・七転び八起き・・試行錯誤・・・3歩進んで2歩下がる・・とにかく、恰好の悪いこと間違いない日々を綴っていこうと思っています。

温かい目で見守ってくださると幸いです。

合氣道をしている理由はシンプルです。優しい人になりたい。それだけです。これは私の今世のテーマだと自分では思っているのですが、生まれてきたときよりも、少しでも優しい人になって死ぬというのが私の夢です。

稽古に行きたくないときは、「行ったら、昨日よりちょっと優しい人になれるよ」と自分に囁きます。それでも、行かないときもありますが・・。そして、優しい人になれているのかどうかは、分かりません。

分からないから、まだ進んでみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました