基礎の偉大さ

合氣道の稽古記録です。

練習すればするほど、基礎が疎かになっていたことを痛感してへこむ毎日です。どうしてうまくできないんだろう、と思ってたら、基礎ができていないからということが多いのです。

例えば、姿勢とか視線とか力を抜くとか、体の使い方全般にわたる基本的なことがカギを握っている。そこが疎かになっていると、技もうまくいかなくなる。

何も難しいことは要求されていないのだな(少なくとも初段に挑戦しようという今の段階は)と感じています。普段、絶対何十回と言われている基本的なことがらをどれだけ本当に身にしみこませられているか。それを問われているのでは、と。

「ああこれ先生が何回も言ってたな、でも、そのたびに1週間ほど試すだけで、身につけられないまま忘れ去るということを繰り返してきたな」という類のものがひとつひとつ目の前に並べられていく。

過去の私よ、飽きずに続けろ。未来の私が苦労しているぞ。と思ってももう遅いのです。

逆に、基礎を掘り返してるうちに、現在のレベルでは追いつけない深みにはまりこんでしまうこともあります。極端に言うと、「手足の力を抜く」を追求しすぎて、「細胞ひとつひとつの力を抜こう」としてしまうような。

追求するとキリがないところは何事においても共通していますね。目下のところ、単調な基礎トレーニングをいかにして「飽きずに続けられるか」というところがポイントです。何か秘策があれば教えてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました