心を向ける

合氣道の稽古記録です。

主に剣技の練習をした日でした。

最近、とみに思うのは、相手に心を向けないと始まらないんだなあということです。当たり前のことなのかもしれませんが、こういう当たり前のことが、今までちゃんと分かっていなかったということを思い知らされています。そして今も分かりかけているだけで、やっぱり分かっていないということも。

相手に心を向けると、自然と姿勢がおさまるべきところにおさまって、いくつか引っ掛かっていた問題点が氷解するという現象が起きました。それは少し胸のすくできごとでした。

独り技でも組み技でも、相手に心を向けていれば、ほかの余計なことは脳裏から消滅していきます。私にとってはこれがいちばん大きな、喜ばしい副産物でした。

研ぎ澄まして、相手と対話して、欠点をつかれれば愚直に直す、ひたすら稽古する、それの繰り返し。

私は物事がシンプルになっていくときが好きです。

そうそう、ずっと悩みの種だった受け身技が、形になってきました。アザを作った甲斐がありました(笑)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました