英文法

特殊構文(倒置)のこと その1

文法のおさらいノートです。今回はトリッキーな構文のひとつ、倒置構文。主語と動詞が入れ替わる構文のことです。話し言葉より書き言葉でよく用いられます。

そのなかでも、否定形/準否定形を用いたパターンをおさらいします。

準否定形とは

Notやnoなどの完全否定ではなく、hardly, scarcely, barely, rarely, seldom, onlyなど、部分的に否定する語を指します。

倒置する理由

否定/準否定の意味を強調するため。

この場合、否定/準否定語は文頭に出る。

例文1

Never once had he imagined Dumbledore’s childhood or youth

助動詞がついているときは、「助動詞+主語+動詞」の順番になります。

倒置しない文章にすると、"He had never once imagined Dumbledore's childhood or youth"、「ダンブルドアの子ども時代や青春時代を想像したことなど、ただの1度もなかった」という意味です。

ただの1度もなかったことを強調したいために倒置が行われています。

例文2

Only by drinking it can I empty the basin and see what lies in its depths

準否定のパターンです。これも助動詞なので、「助動詞+主語+動詞」の順番になります。

倒置しない文にしたら、"I can empty the basin and see what lies in its depths only by drinking"になります。「これを飲まないことには、ボウルを空にして底にあるものを確かめることはできない」の意味です。

倒置によって、「これを飲むしかない」ことが強調されています。

最後に

倒置構文は一見ややこしいですが、倒置であることさえ分かれば、さほど難解ではないことが分かってきました。ちゃんと意図があってそうしていることも。

 

それでは、今日はこの辺で。読んでくださってありがとうございました。

※今日使用した例文は以下の本から引用しています。

<例文1>"Harry Potter and the Deathly Hallows"

<例文2>"Harry Potter and the Half-Blood Prince"

<参考文献>『英文法解説』

-英文法

Copyright© シロツメクサの灯りをたどって , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.