英文法

特殊構文(倒置)のこと その1

いらっしゃいませ、バクです。

倒置構文がよくわからない

ということで整理してみました。倒置構文とは、主語と動詞が入れ替わる構文のことです話し言葉より書き言葉でよく用いられます

今回はそのなかでも、否定形/準否定形を用いたパターンをおさらいします。

準否定形とは

Notやnoなどの完全否定ではなく、hardly, scarcely, barely, rarely, seldom, onlyなど、部分的に否定する語を指します。

 

倒置する理由

否定/準否定の意味を強調するため。

この場合、否定/準否定語は文頭に出る

 

例文1

Never once had he imagined Dumbledore’s childhood or youth

助動詞(have)がついているときは、「助動詞+主語+動詞」の順番になります。

倒置しない文章にすると、"He had never once imagined Dumbledore's childhood or youth"、「ダンブルドアの子ども時代や青春時代を想像したことなど、ただの1度もなかった」という意味です。

ただの1度もなかったことを強調したいために倒置が行われています。

 

例文2

Only by drinking it can I empty the basin and see what lies in its depths

同じく準否定のパターンです。準否定部分の"only by drinking"が文頭に出て、その後の文が倒置になっています。

この文にも助動詞(can)があるので、「助動詞+主語+動詞」の順番になります。

倒置しない文にしたら、"I can empty the basin and see what lies in its depths only by drinking"になります。「これを飲まないことには、ボウルを空にして底にあるものを確かめることはできない」の意味です。

倒置によって、「これを飲むしかない」ことが強調されています。

 

最後に

倒置構文は一見ややこしいですが、倒置であることさえ分かれば、さほど難解ではないことが分かります。

それでは、この辺で失礼します。ご訪問ありがとうございました(*^^*)

※今日使用した例文は以下の本から引用しています。

<例文1>"Harry Potter and the Deathly Hallows"

 

<例文2>"Harry Potter and the Half-Blood Prince"

 

<参考文献>『英文法解説』

 

-英文法

Copyright© シロツメクサの灯りをたどって , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.