翻訳

翻訳チェック

いらっしゃいませ、バクです。

医薬翻訳のチェック頼まれたんだけど、どこに気をつければいいの?

という疑問について学んだことをまとめてみました。

 

チェックする箇所

誤字・脱字

薬剤や成分名のスペルミスには特に注意です。bezlotoxumabなどスペルミスしやすい長い名前が多く、コピペしたつもりが1文字し損なっていることもあります。

誤訳・訳抜け

特に医師や企業の出した結論部分です内容と結論が矛盾していないかを常に意識しながら読むと間違いに気づきやすくなります。添付のデータもあれば参照すると良いです。

数字

日付、投与量、検査値、被験者数などの数字です。数字は大事な情報なので、慎重にチェックします。

ルールからの逸脱、定訳とのズレ

顧客が決めた独自のルール(大文字小文字のルールやフォントの設定など)や社内で統一されている定訳とズレがないか確認します。

 

訳文から学ぶ

誤訳ではなく単純に自分だったら違う言い回しになっただろうなあというところは訳者さんの訳を尊重して活かせるようにします。自分では思いつかない訳文に触れられる良い機会です。

「えっこんな言い方あるのだろうか?」と調べてみたら業界ではよく使われる言葉であることが分かったというようなこともあります。

 

最終決定は訳者さんとする

修正対象と思っても、訳者さんには「意図があってそうした」という背景があることもあります。話し合った結果、元の訳文のままでいくということも頻繁に起こるので、グレーな修正箇所は訳者さんと相談するのがベターです。

 

訳者さんにしてもらえると助かること

何か引っかかりがあるところは簡単なメモで伝えてもらえると、チェックもそこを気を付けようと思えるのでありがたいです。また既存の訳文や参考文献から引用している箇所なども、その旨を申し送りしてくれると不要な修正を防げるので助かります。

 

最後に

チェックは人から学べる良い機会です。今後も経験を積んでチェックの質が高められるように頑張ります!

それではこの辺で失礼します。ご訪問ありがとうございました(*^^*)

 

-翻訳

Copyright© シロツメクサの灯りをたどって , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.