翻訳

臨床検査値

臨床検査値は略語が多くて分かりにくいな

患者さんの検査結果は、症例経過でも論文でも記載されることの多い情報です。少しでも慣れるために、頻出単語をまとめてみました。

 

μL(マイクロリットル)

マイクロ(Micro)は百万分の一を表わします。

臨床検査値では、白血球数を表わすのに使われる単位。

例)10^2 μL

記号を使ってμLとも、mcLとも書きます。mcはmicroの略です。

 

^はキャレットといって、乗を意味する記号です。キーボードではひらがなのへの位置にあります。上記の例では10の2乗を意味します。

 

second (s) (秒)/minute(s) (分)

省略形・・・sec/min

*1以上の数字でも、複数形を表わすsはつけない。

例)血圧30mmHg/sec, 心拍数170/min

 

mmHg(ミリメートル水銀柱)

血圧を表わす記号です。Hg(hydrargyrum)は水銀のことです。

血圧測定が始まった当初は、水銀柱(すいぎんちゅう)を目盛りにして圧力を計っていたため、現在でもこの単位が使われています。

 

項目名

Alb (Albumin) アルブミン

ALT (Alanine Aminotransferase) アラニンアミノトランスフェラーゼ

AST (Aspartate Aminotransferase) アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ

BMI (Body Mass Index) ボディマス指数

BP (Blood Pressure) 血圧

BT  (Body Temperature) 体温

Hb (Hemoglobin) ヘモグロビン

Ht (Hematocrit) ヘマトクリット

RBC (Red Blood Cell) 赤血球

WBC (White Blood Cell) 白血球

 

まだまだありますが、徐々に覚えていこうと思います、、!

 

 

 

-翻訳

Copyright© シロツメクサの灯りをたどって , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.