生活

20分で作れる保湿クリーム

保湿クリームは誰でも簡単に作ることができます。

無駄なものを入れなくて済むので肌ざわりがとてもナチュラル、かつコストも安いので惜しみなく使うことができます

作る手間がかかる、出来具合にムラがあるというデメリットもありますが、それを上回る使い心地の良さに市販のものは使えなくなってしまいました。試しに1度いかがでしょうか。

 

用意するもの

化粧水

精製水にお好みの精油を数滴入れると化粧水になります。化粧水も自作すると色々な香りのものが作れて楽しいですよ。

 

ホホバオイル

生活の木や無印良品、ドラッグストアに売っています。とろみのついているものやサラサラのものがありますが、どちらでも構いません。

 

みつろう

生活の木や東急ハンズで手に入れることができます。黄色のみつろうもあります。黄色のみつろうだと黄色いクリームになります。

 

耐熱容器2つ

注ぎ口のついた小さいビーカーがあれば便利ですが、普通のコップでもOKです。ただ、コップについたクリームが落ちにくいので、ビーカーをおすすめします。かき混ぜるためのスプーンやガラス棒も用意します。

 

蓋つき容器

クリームを入れる蓋つきの容器。生活の木や東急ハンズ、100均などで買えます。

 

つくりかた

①鍋に浅く水を張って温める。

②耐熱容器のひとつに化粧水大さじ1杯(A)、もうひとつにホホバオイル大さじ1杯+みつろう2g(B)を入れる。

③AとBの容器を一緒に湯煎にかけ、みつろうが溶けきるまで混ぜる。

④みつろうが溶けたら、AとBを湯から下ろし、Bの容器に少しずつAを注ぎ入れながら混ぜる。

⑤冷めるまで混ぜる。ここでよく混ぜないと分離してしまうので、テレビでも見ながら気長に混ぜます。

⑥クリーム状になったら、ふたつきの容器に入れる。

できあがり♪ いらなくなったジャムの小瓶なんかに入れても可愛いです。

 

 

 

 

 

-生活

Copyright© シロツメクサの灯りをたどって , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.