生活

2020年/2021年の区切りで思うこと

いらっしゃいませ、バクです。

今日は2020年の締めくくりとして、ごく個人的な想いを述べようと思います

 

2020年は、人に恵まれた年でした。コロナ禍で1度は職を失う事態にもなったのですが、温かい手を差し伸べてくださった方が何人もいて、人っていうのは温かいものなんだなあと、普段感動しにくい私も感じ入りました。

私は何もとりえがない平均点以下の人間なのですが、ずっと好きなものがあります。そこには説明のつかない熱量があって、言葉にならない何かが体の奥からずんずん私をせっついてきます。

私はわくわくして、人生の余りの短さに茫然として、今ここでエネルギーが燃えているという事実が哀しくてありがたくてたまらなくなります。どこからかもらったこのエネルギーを還元するのが、私のやりたいことです。

そのためにできることを精一杯やっていこうと、そう思えた1年でした。

2021年の目標をいくつか決めました。性格上、目標は人に言わない方が頑張れるので(変わってますかね?)、ここでは書きませんが、達成した際には記録しようと思っています。

ここは小さなブログですが、私にとっては大事な発信の場で、知らなかったことを教えてくれる場でもあります。どんな風に育つのかは分かりませんが、2021年も続けていきますのでどうぞよろしくお願いいたします(*^_^*)

 

-生活

Copyright© シロツメクサの灯りをたどって , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.