NEW ENTRY

翻訳

2021/4/11

臨床検査値

臨床検査値は略語が多くて分かりにくいな 患者さんの検査結果は、症例経過でも論文でも記載されることの多い情報です。少しでも慣れるために、頻出単語をまとめてみました。   μL(マイクロリットル) マイクロ(Micro)は百万分の一を表わします。 臨床検査値では、白血球数を表わすのに使われる単位。 例)10^2 μL 記号を使ってμLとも、mcLとも書きます。mcはmicroの略です。   ^はキャレットといって、乗を意味する記号です。キーボードではひらがなのへの位置にあります。上記の例で ...

ReadMore

TOEIC

2021/3/14

TOEICの位置づけ

いらっしゃいませ、バクです。 英語の勉強を始めてから10年少し、多分10回以上TOEICを受けてきました。そこでふと、私にとってのTOEICってなんだろうと思い、考えてみました。   英語学習の入り口 私のめざすところは翻訳家です。めざそうとする以前は日本語にしか興味がなく、大学も文学部国文学科。英語の勉強って何したらいいの?という状態でした。そんななか、TOEICは取っ掛かりとして最適でした。どのレベルからでも始められるし、合否がないから挫折もしにくい。 勉強すれば語彙力も自然と上がるし、自分 ...

ReadMore

英文法

2021/3/8

NextとThe followingの違い

いらっしゃいませ、バクです。 時系列の説明にNextを使ってThe followingに訂正されたんだけど、どう違うんだっけ? ということがあったので、両者の違いについて整理してみました。とっても簡単です。   Next 現時点からみて、ひとつ先のもの。次の~。   The following 「次の」という意味は同じですが、過去や未来といったいろんな時点からの話に使います。   例えば、こんな会話があります。 A “Why don’t we go to movies?” ( ...

ReadMore

英語

2021/2/7

親知らず/Wisdom teethの由来

いらっしゃいませ、バクです。 最近、歯医者で親知らずを2本抜きまして、 親知らずって変わった名前だな~ と気になったので調べてみました。 親知らずの由来 江戸時代前期の俳句集、『毛吹草(けふきぐさ)』(1645年[正保2年]刊)に、「姥桜(うばざくら)生ゆる若葉や親不知」という句があります。親知らずが用いられた初めての作品と言われています。 江戸時代では、人は30歳前後で亡くなることが普通でした。親知らずは、17~25歳あたりで生えてきます。つまり、親知らずが生えてきたときには、親は亡くなっているものだっ ...

ReadMore

翻訳

2021/1/31

英訳通信講座を終えて

いらっしゃいませ、バクです。 5ヵ月間の英訳通信講座終了~ というわけで、この間に見えた自分の課題についてまとめようと思います。 MRI語学教育センター翻訳通信講座 今回お世話になったのは、MRI語学教育センターさんです。翻訳通信講座の中にある「医学・薬学」講座(日→英)を受講しました。治験(臨床・非臨床)(薬事行政)、医療機器について書かれた文章を英訳し、講師の方に添削していただきます。 私が普段仕事で訳しているのは、主に患者や医師、薬剤師から伝えられる副作用報告です。治験からの報告や文献も少しあります ...

ReadMore

Copyright© シロツメクサの灯りをたどって , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.