TOEIC

TOEICの位置づけ

いらっしゃいませ、バクです。

英語の勉強を始めてから10年少し、多分10回以上TOEICを受けてきました。そこでふと、私にとってのTOEICってなんだろうと思い、考えてみました。

 

英語学習の入り口

私のめざすところは翻訳家です。めざそうとする以前は日本語にしか興味がなく、大学も文学部国文学科。英語の勉強って何したらいいの?という状態でした。そんななか、TOEICは取っ掛かりとして最適でした。どのレベルからでも始められるし、合否がないから挫折もしにくい。

勉強すれば語彙力も自然と上がるし、自分の弱点や得意なところが分かる。そうしたら、他にすべきことも見えてきました。

 

900点で何ができる?

800点を超えたあたりから、まるで英語ができる人みたいな扱いを受ける現象がたまに発生したのですが、実際は知らない英単語も山ほどあるし、洋画も字幕なしで理解できないし、外国人との会話もごく簡単な受け答えしかできません(ノД`)。

考えてみたらそうですよね。TOEICの単語だけで英語を全網羅できるわけはないですし、テストの問題で読まれる言葉と日常で使う言葉が違うのは当たり前ですし、そもそもTOEICでは喋りません(スピーキング&ライティングテストもありますが、一般的に話されるTOEICはリスニング&リーディングなのでここではそちらの話をしています。ちなみにスピーキング&ライティングも受けましたが、とても苦手なことが分かりました、、)。

 

でも、長文をたくさん読むことに慣れることができたのは、翻訳の仕事にもとても役立っています。

 

英語学習の補助的役割

私にとってTOEICは、ボルダリングのホルダーのようなものかもしれません。壁を上るのを手伝ってくれる、次に何をしたらいいかヒントをくれる、立ち止まって自分を省みるきっかけをくれる。なかったら、多分勉強を続けることはできなかったかもしれません。

勉強続けてる?後退してない?ってことを確かめるためにも、できるだけ年1回受けるようにしています。下がってたら落ち込むんですけどね(全然ある)。でも、そこでまたもっと頑張ろうっ!って新しい計画を立てたり、苦手なことに挑戦したりするエネルギーが生まれます。

 

最後に

ただただずっとお世話になってきたなあという感じです。コロナ禍でいつでも受けられるというわけにはいかない状況ではありますが、次回は950あたり目指していこうと思います。

それでは、この辺で失礼します。ご訪問ありがとうございました(^^)

 

-TOEIC

Copyright© シロツメクサの灯りをたどって , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.