英文法

WhetherとWhether or notの使い分け

いらっしゃいませ、バクです。

「~かどうか」って言いたいときにwhetherとwhether or notのどちらを使えばいいんだろうか?

WhetherはWhether or notのor notを省略したものです。ただ、省略できるときとできないときがあります。今回は、そこのところをまとめてみました。

 

名詞節の役割をしているときはWhetherでOK

名詞としての役割をしているときはWhether が使えます。また、whetherはifに置き換えることもできます

3パターンの例をご紹介します。

動詞の目的語としての名詞節

Whether節が動詞の目的語になっている文章です。

I ask whether Skeeter is referring to Dumbledore's brother

上の例は、「スキーターがダンブルドアの弟のことを言っているのかそうじゃないのか」というWhether節がaskの目的語になっています。

前置詞の目的語としての名詞節

Whether節が前置詞の目的語になっている文章です。

He might have been asking Harry's opinion on whether it was a good site for a picnic.

上の例では、「ピクニックするのに良い場所かそうじゃないか」というwhether節が、onの目的語になっています。(opinion on~:~に関する意見)

主語としての名詞節

Whether節が文頭に出て主語になっている文章です。

Whether there are any survivors is still uncertain.

上の例では「生存者がいるかいないか」というwhether節が主語になっています。

 

「~に関わらず」という副詞節のときはWhether or not

Whether節が、「~に関わらず」という意味の副詞節になっている文章ですこの場合は、or notを省略することはできません

Whether he was play-acting or not, thought Harry, the effect was good.

上の例は「芝居をしていたかそうじゃないかに関わらず」というWhether節で、"the effect was good"の主節を修飾しています。

 

最後に

全部or notをつけておけば悩まなくて良いのではないかと思うところもあるのですが、冗長と取られることもあり、私自身やはり少しでも恰好良い英文が書けるようになりたいので、一所懸命身につけていこうと思います。

それではこの辺で失礼します。ご訪問ありがとうございました(*^^*)

 

☆参考文献(記事中の例文は以下の本から引用しています)

『HARRY POTTER and the HALF-BLOOD PRINCE』

『HARRY POTTER and the DEATHLY HALLOWS』

『英文法解説』

 

-英文法

Copyright© シロツメクサの灯りをたどって , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.